お金とクレジットカードの違い

お金とクレジットカードの違い

お金とクレジットカードは、ともに買い物ができる機能があることで、同じようなものという意識もありますが、クレジットカードを、お金のかわりに利用する場合のデメリットもあります。例えばあまりにも便利なので、簡単に利用できてしまうという面があります。お金持ちになったような錯覚を持ってしまうということですが、財布にお金が入っていれば、すべて使うようなことはなく、残して使うように注意します。しかしクレジットカードでは、利用限度額まで使えるという余裕のような感覚を持ってしまいます。利用限度額まで自分のお金があるような感覚です。その錯覚が危険な兆候ということになります。

それで余計に購入してしまうということが大きなデメリットになります。またほとんどの人が利用しているので、自分も使うのが当たり前というような、周りにつられて買い物をしてしまうという傾向もあります。また余計なものを買わせられるということも心配になります。また計画的にお金を利用できなくなるというデメリットもあります。お金ではなくなりますが、クレジットカードは使ってもなくならないからです。非常に管理が難しいので、できない人はお金を使うのが正解です。

Copyright 2016 お金とクレジットカードの違い All Rights Reserved.